pikakeの部屋

Newer Entries | PAGE-SELECT | Older Entries

 球体関節人形が多く出てきます。たまに猫、そんな pikake のブログです

≫ EDIT

思い出話:舞い降りた天使は有り難いものだった(ミッシェル 精天使)

 初参加の Dolls Party22 では目的の惟を入手して、ようやくお昼のお弁当にありついた。もしかしたらもう来る事はないかもと最後のビンゴまで居ようと決めて、ビンゴカードを引き換えた。
 その後は、ディーラー・ブースをウロウロし、ワンオフの抽選会の熱気に当てられる。記憶にはまったくないけど、どうやらウィリアムズに応募したらしい。認識して無かったけど、そっか、かなり前から欲しかったのか……。当時の憧れは1st レイズナーと1st アンで、南条勲にも少々ってところ。
 ウロウロしすぎて疲れたので空席をみつけて座り、ステージイベントを眺めた。独特の雰囲気に気持ちが引いた……。でも最初で最後かもしれないしと開き直って迎えたビンゴで天使が舞い降りた。
 ただね、天使がどういうものだか分からなくて、何かが当たった〜のは嬉しいんだけど、凄いものだという認識がないがために周りの人との温度差がありすぎ、正直戸惑いの方が大きかった。初めて続きで緊張してたのかな、なんだか妙なところにばかり気を取られてた気がする。

 開かないだろうと思っていたビンゴカードは結構開いて、リーチまできた。リーチまではよくあるんだよ、その後がね……と他人事。
「55番」
 あらら、まさかのビンゴ?荷物を持って走りました。55番でビンゴになったのは十人ほどで、工場長とじゃんけん。勝った。
「じゃあ、四人でじゃんけんして」
 じゃんけん自体久しぶりだなとしみじみ思う。
「じゃんけんぽん」
 私は負けて四人の中で最後。そうして他の六人もじゃんけんにて順番が決まる。
「順番に並んで」
 ポストカードからスーパードルフィーまで差があるらしい。←この時点で知った。だけど景品よりも何よりも、目の前の変な道具に釘付けで、なんかテンションゴムを替える道具の取っ手みたいなのが、いっぱい。へー、これがヒモに繋がってるのか。手作り?京都から運んできたのかな?と全然聞いちゃいなかった。
「ポストカードです」
 前の人が受け取り、そこでハッと我に返った。どこにしよう。真ん中らへんは多くが引かれてたが端はまだあった。右上の端を選ぶ。端っこ大好き!ゆっくり引くとどよめきと大きな声が上からした。私にはまったく見えなかったが、壇上からはヒモがよく見えるらしい。
「精天使です!おめでとうござます」
 精天使ってなに?訳が分からぬうちに壇上へ上がるハメになり、重田社長から白い箱を受け取り写真を撮られた。下りるとオーナー登録へ。手が震えて文字が書けない。用紙に会員番号と氏名を書くのだけど数字が書ききれない。頭が回ってないので、その枠に合わせて字を調整する能力がなくなっててはみ出しちゃった。

▼ 薄緑色の羽と瞳
DSCF3501.jpg

 名前はMichel Leblanc(ミッシェル・ルブラン)。ミシェルでも間違ってない。マイケルでもいいと思った。安直に大天使ミカエルから取りました。
 精天使について調べたこと。
  • ヘッド、ボディなどの交換はできない:プレゼントなので有償交換できなくて当然か
  • メイクについてはワンオフモデルと同じ扱い:里帰りさせたいのならば手を加えてはだめ
  • 里帰りメニュー「瞳の取り替え、まつげの付け替え」はない:自己責任にて自分でやるしかない
 ちなみにワンオフモデルも瞳の付け替えはメニューにありません。「瞳・まつげだけなら取り外したり、付け替えていても大丈夫です」と書いてあったところをみると交換のリスクが大きいってことね。
 恐れ多い天使と認識しました。そのため彼のグルーを取ったのは2013年の4月でして、更のグルー取りの後、行いました。一番、最後です(笑)。

 運が良ければ一人連れ帰れるかもと思っていたら二人になっていた。この時点で予定は大きく崩れました。

関連記事

| 思い出話 | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

Newer Entries | PAGE-SELECT | Older Entries