pikakeの部屋

 球体関節人形が多く出てきます。たまに猫、そんな pikake のブログです

  • ディーラー出展品専用ページ(L'armoire de Jasmin
  • 次回は 2017/12/17(日)Dolls Party38(東京ビッグサイト) です
  • 合体で出展してくださる方を大募集
  • WEB Shop クローズ中。 → pikakesroom.cart.fc2.com

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

思い出話7:憧憬(薫 SD17レイズナー)

 いいな〜と思っていたのはレイズナーでしたが、キズは好きじゃなくて。レイズナーを知った時には既に傷を負っていたので、もしも再販があっても痛々しい傷があるんだろうなと思っていた。再販の告知だけでも驚いたけど、傷がないらしいという朗報にお迎え熱がMax! 雨だろうと何だろうと行くぞ〜。皆さんもご存知の通り雪でしたけど(笑)。そこまで試練を与えるのですね。

DSCF5360.jpg

 mayuraさんメイクはあくまで見本ですからね、あんな寂し気なな顔してたら最高だけどどこまで再現されてくるかワクワク、ドキドキしながら配送日を待ちました。で、来た子は見本よりは眉が太くて凛々しい。メイクはとてもキレイです。
 ただ唇が赤めなんです。元々女顔だし頬もピンクぽいし、ウィッグによっては女装みたいになっちゃう。あくまでも私の中では男子なんです!個人的に女装は好きじゃない。似合って好きなら止めないけど。

▼ ウィッグなしのデフォルト
P1010773.jpg

 名前は鷹司 薫(たかつかさ かおる)。本名はAlexander Reisner。特に由来とかはなく、名前は予定通り、女性でも男性でも通用するもの。その分苗字を硬くしたくてWebの名字辞典で探した。薫って漢字が詰まっているんで名字がスカスカだと合わない。

 聖よりウィッグは選ばないような気がする。

▼ 可愛くもなるし
薫

▼ ミュージシャン崩れにもなる
P1020310.jpg

▼ 成人は薫と聖しかいないんで酒瓶を抱えさせたり
薫

▼ ムダに色気はあります
P1030099_2014081119105513b.jpg

 でもウチには小さな子しかいないんでその能力は生かせないけど。アイは Paperweight Eyes(D400) Low Lens Light Crystal Grey Blue Grey16mm で定着。

| 思い出話 | 09:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出話6:じわじわと(聖 SD17ウィリアムズ)

 過去に出た限定っ子で惹かれたのはご多分に漏れずレイズナーでした(笑)。2010年の夏頃、東京湾クルーズが開催されるというアナウンスがあり、しかも限定はレイズナー! 多分、叶わないだろうと諦めていたので小躍りしました。でも参加出来なければ夢で終わるのですよ。当選発表前にあったのがドールズ・パーティー24でして、ウィリアムズは全然チェックしてなかったけれど、限定列で籤を引いたがいつも通りの四桁で、何故かかなりがっくりしたんです。じわじわっとお迎え熱が上がったというか……。どちらかが来てくれれば!!と願ってたが確実じゃない。ずっと考えて出した答えが「よし、二人とも来い!」でした。気持ち的にはどちらかで充分なんだけど来てくれるなら Wellcome って感じ? 
 初アフターです。ボークスの店舗にはイロイロ行っていたし町田SRなんてほぼ毎週通っていたくらいなのにアフターは未体験でしたから、もうドキドキでした。籤は奇跡的に「14」でお迎え。

▼ 名前は朽木 聖(くちき ひじり)本名:Edward Williams。
P1010445.jpg

 クリスマスに来たので安直ですが聖という漢字にし、名字は珍しめで硬いものを Web の名字サイトから選びました。『BLEACH』の死神さんから取ったわけじゃありません。それより先に横山秀夫の小説、朽木班長が浮かびました。
 眉がすごく残念なんです。ウィッグで全く見えませんけど、後に来たレイズナーよりメイクはかなり雑で稚拙です。切れ長のアイホールがアンニュイで偉そうに見えない。とちらかといえば可愛い雰囲気があって、銃も剣も振り回しそうもないです。

P1020974.jpg

 アイは幾つか変えたけど Paperweight Eyes(D400) Low Lens Powder Blue 18mm で定着してます。薄い色のアイだけど光も入り優しい眼差しに。物静かな聖には似合っていると思う。

P1040321e.jpg

 ウィッグは茶系ばかり。ブロンドは激しく似合わないんです……。

| 思い出話 | 14:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出話5:初のイベント(煌 教室A)

 メイクの仕方を学びたくて申し込んだ眉毛メイクに参加したのは2010年5月5日。天使のすみか原宿店は、現在の天使の窓の通りを挟んだところにあるビルの一階と二階。一階左がすみか、右がDDで二階左がフルチョルームで右の会議室のようなところで行われました。その時に購入したのが、教室Aヘッドと教室A Sweet Dreamです。もう二度とないかもしれないと(←ほとんどコレなんだよね)一つずつ。普段はMr.カラーでエアブラシなんだけど、工場長の説明を聞きながらアクリル絵の具&パステルで。時間がなくてパステル使わなかったけど、なかなか貴重な体験でしたよ。
 教室Aヘッドは各パーツが大きくはっきりしているのでメイクしやすい。適当でもそれなりに見られる顔になるし、なんて言ったら煌に怒られるかな。表情も豊だし写真映えするヘッドです。
 名前は吉井 煌(よしい あきら)。当初の予定では『教室Aが煌(KOU)でスイートドリームを伶(REI)』だったらしい。読み返してみたら書いてあった(笑)。読みが違う。
 ボディは高過ぎて手が出なかったので、後日、中野のまんだらけで中古ボディを見つけて購入。
 
▼ 冷たい印象
P1000081.jpg

▼ アイを替えるだけで可愛くなる
P1000628.jpg

▼ 口元のほうれい線がどうも
P1000646.jpg

 角度によってね。光の加減で何とでもなる。

▼ ね?
226E.jpg

▼ 表情が豊かだからむすっともする
P1020184.jpg

▼ 翠と一緒に並べたらこの通り
P1020228.jpg

▼ 楽しそうだし
P1040103.jpg

▼ 外出もしたね
P1030988.jpg

 顔は変わらないんだけど多彩な表情が感じ取れるので、写真を撮っていて楽しい。外だとさらに楽しいです。見返していたら行きたくなってしまいました。





| 思い出話 | 15:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出話4:金銭麻痺?(至 Leeke Koji)

 雨が続きますね。シトシト降るならまだしも土砂降りです。梅雨じゃないです。

 2010年2月、SD17 土方歳三の値段(¥138,000)を見た後だったため安いと感じてしまった。完全に金銭麻痺。3/1に注文してしまいました。あーあ。値段は五万五千円くらい。
 待っている間に名前を考えねば。今回は Yuki という音が先に決まり漢字を探した。候補となった漢字は、
  • 亨 神や客をもてなす
  • 至 目指す所まで届く・最高の
  • 恭 うやうやしい。ていねいで慎み深い
の三つ。最終的に顔を見てから決定。
 ひと月後の 2010.4.1 韓国より届きました。(Leeke Kojiの印象

DSCF4181.jpg

 今思い返してみると大きい子が一人でもいたら「変」と思ったね。交換に値するかも。でも勉強不足だったから(笑)。上半身の作りの精密さと下半身のいい加減さ。おしりをパテ盛りしシェイプアップし、Sカン足したりゴム穴太くしたりカスタム盛りだくさん!一時期はボディを交換しようかと思ったんだけど首から鎖骨のラインが好きなんです。座っているだけなら問題ないので指定席のソファに座って優しく微笑んでます。服着てればへなちょこなのは全く分かりません。

▼ 写真写りは凄くよいです
DSCF4284.jpg

▼ このライン(笑)
DSCF4205.jpg

 名前は沢村 至(さわむら ゆき)。本名の Koji って韓国語なんだろうか?いずれにせよ名字はつけてないです。韓国語はまったく知らないので付けようがないという……。もしもご存知の方がいたら教えてください。お願いします。

| 思い出話 | 22:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出話:メイクしたい(翠 MSD美加)

 当初の予定では幼SD一体、SD13少年あたりを一体でしたが、ミッシェルを連れ帰ったことで崩れた。しかも惟の濃いメイクを落としたい衝動に駆られ……。いきなり実験はちょっと、ということでオビツ(だったかな?)のヘッドを一個購入することに。だけどソフビは練習には向かない。塗料が落ちにくいし、何度か落とすと硬くなるのだ。そこで浮上したのがMSDスタンダードでした。すっぴんヘッドだもの思い切りできる!←かなり可哀相……。
 候補のスタンダードモデルの女の子は
  • ミュウ (Myu)
  • サクラ (Sakura)
  • 美加 (Mika)
  • みれ (Mire)
の四人。惟がああも幼児らしくないので、彼女よりも大人っぽくしなくてはサイズ的にバランスがとれない。ミュウとサクラは独特の雰囲気で合わないし、みれは可愛すぎる。という消去法で美加になった。←さらに可哀相。
 2010.01.15 今は無き町田ショールームにて購入。一緒に以下のものも。
  • MSD用WIGロングナチュラルウェーブ クリーム
  • つけ睫毛 二連(ライトブラウン)
  • HGグラスアイ L.ヴァイオレット
 聞いてはいたけれども衝撃だった。一応、畳んでおきましょうか、ね?

≫ Read More

| 思い出話 | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出話:舞い降りた天使は有り難いものだった(ミッシェル 精天使)

 初参加の Dolls Party22 では目的の惟を入手して、ようやくお昼のお弁当にありついた。もしかしたらもう来る事はないかもと最後のビンゴまで居ようと決めて、ビンゴカードを引き換えた。
 その後は、ディーラー・ブースをウロウロし、ワンオフの抽選会の熱気に当てられる。記憶にはまったくないけど、どうやらウィリアムズに応募したらしい。認識して無かったけど、そっか、かなり前から欲しかったのか……。当時の憧れは1st レイズナーと1st アンで、南条勲にも少々ってところ。
 ウロウロしすぎて疲れたので空席をみつけて座り、ステージイベントを眺めた。独特の雰囲気に気持ちが引いた……。でも最初で最後かもしれないしと開き直って迎えたビンゴで天使が舞い降りた。
 ただね、天使がどういうものだか分からなくて、何かが当たった〜のは嬉しいんだけど、凄いものだという認識がないがために周りの人との温度差がありすぎ、正直戸惑いの方が大きかった。初めて続きで緊張してたのかな、なんだか妙なところにばかり気を取られてた気がする。

 開かないだろうと思っていたビンゴカードは結構開いて、リーチまできた。リーチまではよくあるんだよ、その後がね……と他人事。
「55番」
 あらら、まさかのビンゴ?荷物を持って走りました。55番でビンゴになったのは十人ほどで、工場長とじゃんけん。勝った。
「じゃあ、四人でじゃんけんして」
 じゃんけん自体久しぶりだなとしみじみ思う。
「じゃんけんぽん」
 私は負けて四人の中で最後。そうして他の六人もじゃんけんにて順番が決まる。
「順番に並んで」
 ポストカードからスーパードルフィーまで差があるらしい。←この時点で知った。だけど景品よりも何よりも、目の前の変な道具に釘付けで、なんかテンションゴムを替える道具の取っ手みたいなのが、いっぱい。へー、これがヒモに繋がってるのか。手作り?京都から運んできたのかな?と全然聞いちゃいなかった。
「ポストカードです」
 前の人が受け取り、そこでハッと我に返った。どこにしよう。真ん中らへんは多くが引かれてたが端はまだあった。右上の端を選ぶ。端っこ大好き!ゆっくり引くとどよめきと大きな声が上からした。私にはまったく見えなかったが、壇上からはヒモがよく見えるらしい。
「精天使です!おめでとうござます」
 精天使ってなに?訳が分からぬうちに壇上へ上がるハメになり、重田社長から白い箱を受け取り写真を撮られた。下りるとオーナー登録へ。手が震えて文字が書けない。用紙に会員番号と氏名を書くのだけど数字が書ききれない。頭が回ってないので、その枠に合わせて字を調整する能力がなくなっててはみ出しちゃった。

▼ 薄緑色の羽と瞳
DSCF3501.jpg

 名前はMichel Leblanc(ミッシェル・ルブラン)。ミシェルでも間違ってない。マイケルでもいいと思った。安直に大天使ミカエルから取りました。
 精天使について調べたこと。
  • ヘッド、ボディなどの交換はできない:プレゼントなので有償交換できなくて当然か
  • メイクについてはワンオフモデルと同じ扱い:里帰りさせたいのならば手を加えてはだめ
  • 里帰りメニュー「瞳の取り替え、まつげの付け替え」はない:自己責任にて自分でやるしかない
 ちなみにワンオフモデルも瞳の付け替えはメニューにありません。「瞳・まつげだけなら取り外したり、付け替えていても大丈夫です」と書いてあったところをみると交換のリスクが大きいってことね。
 恐れ多い天使と認識しました。そのため彼のグルーを取ったのは2013年の4月でして、更のグルー取りの後、行いました。一番、最後です(笑)。

 運が良ければ一人連れ帰れるかもと思っていたら二人になっていた。この時点で予定は大きく崩れました。

| 思い出話 | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出話:いろいろな思い(惟 幼SDリリィ)

 惟の残念な眉が気になるので描き足そうかな。初メイクなものでヒドイところも多々あるんだけど、幼っ子は小さいんであんまりじっと見なければ分からないから救われてます。それにセルフメイクだと贔屓目があるのか可愛く思えて修復&修正も中々出来なくて。

 惟は初めて参加した Dolls Party 22 (2009.12.06) でお迎えした最初の子。過去に発売された幼っ子のアンに心を奪われた。でも再販はあまりない(らしい)と噂で聞いてたので残念に思ってたら、エディ&リリィが発表になったのです。「アンに似てる……」(ように見えた)それでガイドブックを買って、右も左も分からい中でビッグサイトへ行き、くじ引を引いたら4561。今だったら絶対ムリだと分かるんだけど、知りませんからねぇ(笑)。とりあえず列に並ぶ。待つ事一時間半。見ず知らずの人から「良かったら」と1695を貰う。神様〜と思いました。会計を済ませるまで長かった。一時を回っていたような?でも列で待つ間、周りにいた人とおしゃべりもできて有意義な時間を過ごせのであっという間だったような。ひとりぼっちでも楽しめるものです。蓋を開けてみたら人気のなかったエディ&リリィは長い間すみかに居ました……。

▼ デフォルトの貴重な一枚
DSCF3474.jpg

 大人っぽい顔に戸惑った。思った以上にケバい濃いメイクに違和感があって、口角を落とそうかと思案。上瞼のアイホールが分厚く余計にケバい!が、まずはグルーを格闘の上取り除きグラスアイに変更。

 思ったより長くなりそうだし、アイなしウィッグなしの写真もあるんで畳みます。一応ね。



≫ Read More

| 思い出話 | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |